ドッペルゲンガー 電話

ドッペルゲンガーと話ができる電話番号のからくり

ドッペルゲンガーというタイトルがつけられた電話番号があります。

これは、携帯電話が普及された頃から現在に至るまで、口コミやインターネットなどで出回り広まった出来事です。

この番号に電話を掛けると恐ろしい事が起こってしまうということで「恐怖の電話番号」と呼ばれていて、都市伝説化されている出来事です。

インターネットではドッペルゲンガーだけではなく、「リカちゃん」、「宇宙人」、「なぐさめテレフォン」、「宇宙のパワー」、「お経」、「英会話」、「ウソつき」といったように、それぞれにタイトルがつけられた恐怖の電話番号が出回っています。

その中でこの事柄についてはいくつもの電話番号が存在しています。

そもそもドッペルゲンガーとは、現実の世界で自分自身がそこにいるのに、自分や第三者がその本人と出会ってしまうという現象や、自分自身とは別の自分自身の存在のことを指している言葉になります。

また、自分自身が出会ってしまうと、その本人の死期が近いとされ、恐れられてきた出来事でもあります。

そのため、口コミやインターネットでは、その番号に電話を掛けることによって死につながる恐ろしい出来事が起こってしまうかもしれないという煽りをしている傾向が多くあります。

絶対かけてはいけないドッペルゲンガーの電話番号は情報収集

また、実際に電話を掛けたらこのような恐ろしい体験をしてしまったというような体験談が掲載されている物も多くあるため、それを見た人達はその番号に電話を掛けることを、肝試しや度胸試しという意味で行っている傾向にあります。

ドッペルゲンガーとタイトルがつけられた番号に電話をすると、自分自身と話をすることができるということなので、それだけを見ると更に恐怖感が増してしまうような煽りになってしまうのですが、インターネットの中で、実際にその番号に電話を掛けたことがある人の体験談の中にはその番号のタネ明かしをしている物も多くあります。

体験談によると、自分が話し掛けた声が少し遅れて自分の耳に届くとのことです。

これは、自分が話した声を録音した物を少し遅らせてドッペルゲンガーっぽく流すというようなカラクリになります。

ただドッペルゲンガーという企業名や会社名の番号だった?

ドッペルゲンガーという意味合いについては、自分の話した声が少し遅れて聞こえるという事に、自分自身が別の場所、いわゆる電話口の先にいて、自分の話した事をそっくり真似をしているという状況にすることによって、このようなタイトルをつけた可能性が高いのですが、実はこれら複数の電話番号は、企業の音声品質を確認するためのダイヤルということです。

この他の都市伝説化されている番号についても、実際に電話を掛けてみると、企業が作ったサービス用のテレフォンダイヤルだったという事実がいくつかあります。

過去には何かしらの意図として利用されていましたが、現在では使用されていない番号もあります。

それらを知っていた人が、わざと恐ろしいイメージの事柄と結びつけ、人に広めていくことで、知った人の恐怖感を煽り、そして別の人にそのことを伝える時にオーバーに伝えるため、恐怖感だけが浮き彫りにされ、このように「恐怖の番号」とされてしまいましたが、実際はほとんどの番号がしっかりと理由や意図がある事に利用され、使用されている番号だったというのが真相です。

ただ、これらの番号を掲載しているところで注意を促している事については、ドッペルゲンガーの番号のように、そもそもはしっかりとした意図のある番号も中にはあるのですが、悪意のある意図の番号が紛れて掲載されているかもしれないということや、元々が恐怖感を楽しむためのダイヤルで、そのサービス料金が掛かるため、長時間通話をしてしまうことにより、後の電話料金の請求が高額になってしまうというようなことです。

また、ドッペルゲンガーという名前を使用している店舗や企業がある場合もありますので、間違い電話や迷惑電話になってしまうということにも注意が必要です。