ドッペルゲンガー 自転車

ロードバイクや自転車ブランドとして一流のドッペルゲンガー

自転車ブランドとしてもドッペルゲンガーという言葉は有名ですが、それ以外にもがたまに使われる事があります。

この言葉はたまには聞く事がありますが、日常生活において頻繁に使われる事は無いと思われます。

どうしてかと言えば、自転車やロードバイク以外にもこの言葉はもう一人の自分が存在する事を意味している言葉だからです。

ですから、日常においてもう一人の自分が存在しているとなると、それはそれでとても変な話のように聞こえるかも知れません。

また、この存在の事に理解を示してくれない方も多くいらっしゃると思われますから、普段からドッペルゲンガーという言葉を使っていれば、もしかしたら他の方から少しおかしいと思われるかも知れません。

私たち人間は、他の人と協調しながら普段の生活を送ろうとする傾向があります。

ですから、自分一人だけが浮いてしまうような行為は、自ら進んで行う事は無いと思われます。

そのような理由もある為なのか、普通の生活においてドッペルゲンガーという言葉を使用する事は少ないように感じられます。

しかし、私たちの中にはもう一人の自分が実際に見えてしまう人もいるはずです。

このような事の評価は、その方における能力の一つとして考えられるものなのかも知れませんが、何れにしましても、このような特技は他の誰もが簡単に行えるものではありません。

その方にだけ備わった特技として考えられるものですから、その特技に対してしっかりと自信を持って生活をする事ができます。

ただ、相手はドッペルゲンガーという存在ですから、他の方はその存在を信じていない場合が多く考えられます。

そのような事から、しっかりと見えている方からすると、本当に物足りないと思われているのかも知れません。

自転車ブランドとしてのドッペルゲンガーの評価と意味

ブランドとしての意味は定かではありませんが自分自身はすぐ目の前に自分の分身が見えているにも関わらず、それが他の方には全く見えていないとこれは思われているからです。

すぐそこにいるのにと、他の方に声を上げて教えてあげたいという気持ちになるかも知れません。

しかし、その方自身はしっかり見えていたとしても、他の方にとっては何にも見えていないので、信じる気にもならないと思われます。

このようなジレンマが、ドッペルゲンガーが見える方には昔からついて回る問題なのかも知れません。

しかし、もう一人の自分が見えないと思われている方にも、簡単に自分の分身を知る方法があります。

それは、自分の影を見る事です。

自分の影は、光がある所では簡単に見つける事ができます。

現在の世の中で、私たちが日常で見る事ができる強い光と言えば、太陽の光であると言えるでしょう。

この光を利用する事ができれば、ドッペルゲンガーは簡単に私たちは自分自身の影を作る事ができます。

自転車のスタンドやライトなどのパーツも充実しているドッペルゲンガー

自転車やロードバイクのパーツを取り扱っているドッペルゲンガーですが、根本的には影は、私たちの分身と言っても過言では無いかも知れません。

ただ、評価は光の通り道が私たち自身で遮られている事によって発生する自然現象として知られているものですから、そんなに日常から自分の影に対して気にする事は無いと思われます。

しかし、もしかしたらこの影が自分のドッペルゲンガーであるかも知れないのです。

それは、自分自身がただ気付いていないだけなのかも知れません。

影がもしも意志を持っていたとしたらどうでしょうか。

光の通り道を阻害した結果として生ずるものですから、私たちが手を上げると、影自身も手を上げるように動きます。

しかし、これはドッペルゲンガーが私たちの真似をしているだけなのかも知れません。

とても正確に私たちの真似をしている為に、私たちがこれが影の動きだと思ってしまう傾向があると思われます。

自分が楽しそうに自転車に乗っている時にも、実はドッペルゲンガーが私たちに合わせて自転車を漕いでいるだけなのかも知れません。

それに私たちが気が付いた時は、初めてその相手と会話ができるかも知れません。